お風呂で洗顔をするときは、顔にシャワーを当てないほうがいいです。顎の下とかにニキビができます。先顔に使う洗剤としては、滑らかな泡、などはやめたほうがいいとおもいます。(自分が使ってあまり効果がなかったので!)スクラブとかおすすめです。

なぜ、顔にシャワーを当ててはいけないのかと言うと、次の理由があるからです
①シャワーの水圧は肌への負担が高すぎる②水の温度が高いと、乾燥の原因になる

シャワーの水圧は、肌の負担になります。
というのも、洗顔後、肌をバリアする“角質”は、柔らかくなって弱くなっています。

そこにシャワーの水圧がかかると、 角質がはがれてしまい、
バリア機能が弱くなってしまうんです。

すると、肌は、

・肌の水分は蒸発しやすくなって、乾燥しやすい肌になる
・外からのウイルスや細菌、刺激にも弱くなる

となって、ニキビができやすくなってしまいます。
熱いお湯は、顔の必要な皮脂まで落としてしまいます。
シャワーを顔に直接かけるということは、
お風呂に入っていて、裸のときだと思います。

ということは、裸でも寒くならない水温ということなので、
38℃以上はあると思います。

そして、この温度は、顔にとっては熱すぎるんです。


熱い温度のお湯は、肌を守る皮脂(膜)を取りすぎてしまいます。

必要な皮脂まで取ってしまうと、肌の防御機能は弱くなり、
肌は乾燥しやすくなる刺激や細菌に弱くなります

その結果、ニキビができやすくなってしまうんです。

ちなみに、洗顔にちょうど良い温度は、
体温よりすこし低い約32℃くらいです。

これは、ぬるいお湯というよりも、
生温かい水といった感じの温度なんです。

※スクラブがお勧めと言いましたが、スクラブは、小さい粒が入っているので、あまり強く擦ると、良くないので、優しく洗顔しましょう。(スクラブでなくとも、優しくしてください)